焚き火デビュー大成功!正しい薪の選び方

はじめてのキャンプ!

過去の僕
焚き火したいけど薪ってなんでもいいのかな
針葉樹?広葉樹?何か違うの?
とりあえず木なら何でもいいの?

 

焚き火デビューに付き纏うのが、
薪ってどうすればいいのか問題です。

今回は、はじめてのキャンプで焚き火を大成功させる
薪の選び方を紹介していきたいと思います。

それでは
そろそろいきましょう!

 

薪の種類

 

薪の素材として使われている樹木の種類によって、
火の付きやすさ火力燃焼時間が違います。

 

針葉樹(スギ・マツ・ヒノキなど)

 

スギ・ヒノキ・マツなどの薪は針葉樹です。

針葉樹の薪は、

  • 着火しやすい
  • 強い火力を出せる
  • 薪割りしやすい
  • 比較的リーズナブル
  • 火持ちが悪い

という特徴があります。

着火しやすいので、
焚き火の最初の火を作る「焚き付け」に最適です。

また、強い火力をだすことができるので、
焼いたり、炊飯したりする時などの短時間での料理にも、向いています。

 

ただ、火持ちが悪いので、長時間焚き火をするには、
どんどん薪をくべないといけません。

薪の消費が激しくなるので、
同時に広葉樹の薪を用意しておきましょう。

ちなみに、
ホームセンターやキャンプ場で売られている薪は、
大体この針葉樹の薪が多いです。

広葉樹の薪が欲しいと思っても、現地では手に入りにくいので、
注意してくださいね。

 

広葉樹(ナラ・カシ・ケヤキ・クヌギ・サクラなど)

 

ナラ・クヌギ・カシ・ケヤキなどの薪は広葉樹です。

広葉樹の薪は、

  • 火持ちがいい
  • 安定した火を長時間作り出せる
  • 薪の消費を抑えられる
  • 薪割りしにくい
  • 着火しづらい

という特徴があります。

火持ちがいいので、
ある程度火ができてから投入することで、
何度も薪をくべなくても安定して焚き火をすることができます。

なので、
長時間の焚き火や煮込み料理、塊肉のグリルなどに向いています。

 

ただ、かなり着火しづらいので、
針葉樹の薪や小枝など焚き付け用の薪を準備していないと、
焚き火をするのが難しくなってしまいます。

 

含水率

濡れた薪を乾かしています

 

薪に含まれている水分量が少ないものを選びましょう。

乾燥されていない薪やな生木を使うと、

  • 火がつかない
  • 煙が多い
  • 途中で火が消えてしまう
  • ススがたくさん出る
  • 破裂することがある

と、メリットが一つもありません。

一般的に焚き火に適していると言われている
含水率が20%以下のものを購入するようにしましょう。

といっても、
ネットやキャンプ場等で売られている薪は、
どれも基準値程度の含水率なので、問題ないです。

ただ、雨で濡れてしまったり、
地面に直で置いていて、薪が地面の湿気を吸ったりすると、
うまく焚き火に使えません。

濡れてしまった場合は、
しっかり乾燥させるか、
割って中心部の乾燥している部分に着火させて、
焚き火に使うようにしてくださいね。

 

まとめ

 

今回は、薪の種類と選び方についてシェアしてきました。

まとめると、

  • 焚き付け用に針葉樹の薪
  • 長時間の焚き火には広葉樹の薪
  • 乾燥されていることが前提

これらのポイントに気をつけて薪を選ぶようにしてください。

また、焚き付け用の薪に関しては、
キャンプ場に落ちている乾燥した小枝やマツボックリなど
利用することもできます。

キャンプに慣れてきたら、
広葉樹の薪だけあらかじめ用意しておいて、
焚き付け用は現地で拾って調達すると、より楽しめますよ!

焚き火に必要な道具については、
こちらで触れているので合わせてどうぞ!

関連記事

はじめての2人キャンプ! まず最初は、キャンプ道具を準備しないといけませんよね。 前回に引き続き、僕が思う 「これだけは準備しておいた方がいい!」キャンプ道具を紹介していきます! 今回は、第2弾「焚き火編」です!   […]

今回は以上です。

それでは皆さん
そろそろ2人キャンプにいきましょう!!